会社のスキル支援がないフリーエンジニア

会社勤めのエンジニアと比べて、フリーランスエンジニアは自由な仕事の選択肢があります。得意とする分野を選んで、仕事の案件を選ぶといった事も可能です。しかしメリットだけでなく、デメリットの面にも目を向けなければなりません。フリーランスエンジニアにとって不利な点は、スキルアップのためのサポートが受けられない事です。企業で働いているエンジニアは、研修などを通じてスキルアップの支援が組織的に受けられます。

しかしフリーランスは、自らスキルアップを図っていく必要があります。そのため、常に向上心を持ってスキルアップが続けられるかどうかが、フリーランスエンジニアにとって必要な能力の一つです。いつも心掛けてスキルを磨いていくのは、簡単なことではありません。スキルを磨くには、時間や労力など多くの犠牲が伴います。会社勤めのエンジニアが独立してフリーランスになるなら、会社からのスキルアップのサポートは受けられない事実について、把握が必要です。そのため独立する前には、フリーランスの立場で十分に仕事がやっていけるスキルを持っているかや、独立後にどのようにスキルアップを図っていくかを計画を立てるのが無難です。

もし準備が十分に整っていないようであれば、独立してフリーランスになるのはまだ時期が早いです。スキルアップのサポートが受けられないというフリーランスのデメリットを事前に把握していれば、まだ対策は可能です。フリーランス向けのスキルアップセミナーに参加するなどの手段が残されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です