フリーランスで働くならデメリットに備えを

フリーランスエンジニアになった場合に考えられる大きなデメリットは、安定して仕事を請け負うことが難しいことと考えられます。一年や二年といった短期間であれば仕事を貰えても、五年や十年といった中長期的な見通しはなかなか立てられません。仮に今、非常に懇意にしている取引先があったとしても、その相手が倒産の危機に見舞われるような可能性もあります。

このような問題に対処するためには、業界の動向を見据えたスキルアップをはかることと、業界に拘らずに人脈を作っておくことと考えられます。その他、可能な限り分かりやすい実績を作っておき、ゼロから仕事を貰おうとした時に説明しておくという方法もあります。IT業界の特性上、同じ仕事をずっと続けていることは難しく、技術の流行すたれといった変動もあるので、常にそのことを念頭に置いておいた方が良いでしょう。

次に考えられるデメリットは、健康を損なった場合のリスクが大きいということです。大きな病に見舞われることもありますし、どんなに健康な人であっても交通事故など予期せぬトラブルに巻き込まれる可能性はあります。長期間の入院や、体調を見ながら仕事をするようになった場合、フリーランスエンジニアでは代替要員を立てることはなかなかできないため、仕事と収入を一度に失うことになるでしょう。こういった問題が起きてもできる限り損失を少なくするためには、貯蓄や保険などの加入をして、もしもに備えておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です